まだ夏に間に合う?目もとの美容整形ってすぐできるものなのか調査!

まだ夏に間に合う?目もとの美容整形ってすぐできるものなのか調査!

一重まぶたにコンプレックスを持っていて、何事にも前向きになれないという人はたくさんいます。

これはとてももったいないことです。

心身ともに弾けられる夏が来るのだから、夏までに新しい自分に生まれ変わりたい、そう考える人もいることでしょう。

新しい自分になるための方法としてよく選ばれているのが「美容整形」です。

美容整形と言っても大げさなものではありません。

最近では、アイメイクの延長線上にあると言われるくらい身近な存在となったプチ整形があり、若い世代でも気軽にできることから人気が出ています。

夏までに一重まぶたを二重まぶたにしたいと強く願うなら、埋没法が断然おすすめです。

二重術には埋没法と切開法の2つがありますが、切開法はメスを使ってまぶたを切開し、再び縫合して二重のラインを作ります。

メスを使って切開するのですから、当然ながら若干大きな美容整形になります。

施術後のダウンタイムが長く、落ち着くまでサングラスなしでは外出するのも難しくなる場合もあります。

長期休暇が取れるならまだ良いのですが、日常生活に支障を来たすこともあり、学校や仕事への影響も出ます。

医師の指示を守ることでさらに短くすることも可能

その点、埋没法はメスを使いません。

医療用の糸を用いて、まぶたを数箇所留めていくという簡単なプチ整形です。

切開法のような長いダウンタイムは必要としないのが普通です。

埋没法の場合、ダウンタイムは数日~1週間程度で落ち着くと言われています。

二重のラインが馴染むまでは1ヶ月ほどかかりますが、個人差があり、医師の指示を守ることでさらに短くすることも可能でしょう。

埋没法の施術時間については、医療機関によっては10分?15分で施術が完了する場合もあります。

アイプチが面倒だと感じる人や、メスを使うのはこわい、通院したくないといった人は埋没法を選んでいるようです。

埋没法のメリットはダウンタイムの短さだけでなく、施術後すぐに帰ることができる点、洗髪であれば当日も可能な点など色々あります。

夏は汗をかくものなので、シャワーだけでもできるとありがたいものです。

洗顔や入浴、メイクは翌日から可能だと説明されることがほとんどなので、暑い季節でも安心です。

また、コンタクトレンズも施術の2日後からOKとしている医療機関もありますので、相談してみると良いでしょう。

切開法は永久的に取れることがありませんが、埋没法は糸を取り除けば手軽に元に戻すことができると言われています。

それに関しては、気に入らないデザインの二重まぶたになってしまった場合にやり直しがきくという気軽さがあります。

プチ整形なので、カウンセリングから施術、アフターケアまでの流れがスムーズですし、夏までにまだまだ間に合う目元の美容整形なので、検討してみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 夏の間はキーープ!!せっかく痩せてきた身体を維持する手軽なテクニック
    夏は比較的痩せやすい季節です。暑くなると体重が自然と落ちるという方も多いのではないでしょうか…
  2. 夏が来た!紫外線のダメージに負けない知って得する美容テクニック
    夏は開放的な気分になり肌の露出も多くなりますが、美容において気をつけなければならないことがあります。…
  3. 汗で化粧が(;_:)働くあなたにおすすめなメークくずれを防ぐ方法
    額から流れ落ちる汗でアイブロウが消えてしまう、朝せっかくメークをしても通勤で大量に汗をかいて職場に着…
  4. 夏でも冷える・・。エアコンなどの冷えで身体がむくむ人におすすめな対処法
    夏になっても家や職場にエアコンがあれば快適に過ごせます。快適に過ごせるものの、エアコンの影響…
  5. 夏のアンチエイジング(*^-^*)猛暑だからやりたい老化を防ぐ若々しい身体の作り方
    強い紫外線を浴びたことで肌にシミが出来たり髪の毛がパサついたり抜け毛が増えたりする、夏バテで体力や気…
  6. 夏のべたつき乾燥肌にメス★肌カラカラ乾き警報をサラサラ艶肌に変える方法
    夏のベタつき乾燥肌をサラサラにするなら、まずは保湿が重要です。夏場はべたつくので保湿を怠りが…
  7. ムダ毛忘れてた!一人でできる肩や背中の無駄毛処理とは
    夏が到来する季節に、気にしてしまうのがムダ毛です。腕や足など、目につくところのムダ毛は処理す…
PAGE TOP